「社長の本棚」

この度上梓した「なりたい人になるための41のやり方」に関連した取材をしていただく機会が増えました。その中でも面白かったのは、日刊ゲンダイの「社長の本棚」の取材でした。読書ライフや本についてのエピソードをお話するコラムです。

取材前に、過去の記事を見せていただいたのですが、語ろうにも、ものすごく好きで内容もよく覚えてるという本がすぐさま思いつかなかったのです。ニュースで話題になったトピックを取り上げている本を読み知識を深めたり、ひとときのエンターテイメントとして面白い小説を読んだりはしますが、「思い出に残るこの一冊」というのはありません。もちろん、過去を振り返ると、子供の頃に愛読していた本はありますが。

「この一冊」がないというのも、面白い話だと思い、記者の方が聞いてくださるままに答えさせていただきました。これで本当に記事になるのだろうかと半ば心配になりましたが、そこはさすが記者の腕前。きれいにまとめてくださいました。

 

写真はシアトルの自宅の本棚の前で撮ったものですが、本は溜め込まず寄付をすることにしています。ですので、結構すっきりしているほうだと思います。それに、私は移動が多いので、基本的に本はKindleアプリで読むことが増え、最近では紙の本を買うことは随分減りました。

 「なりたい人になるための41のやり方」の内容が、私個人の経験や考え方に基づいているため、記事によっては会社のメディア掲載欄に載せていないものもあります。そういったものも含めて私のブログで紹介していきたいと思います。

 

8月25日 月刊「宝島」の休刊号

8月29日 フジサンケイビジネスアイ「著者は語る 

8月31日 東京新聞の書評「My book, my story

8月31日〜9月4日 ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー」

9月4日 日刊ゲンダイ「社長の本棚」

9月7日 日経ビジネスオンライン 

 

 こういった取材を通じて、多くの方に読んでいただくきっかけが広がることを願っています。