日経CNBC『朝エクスプレス トップに聞く』出演のご報告

みなさまこんにちは。窪田製薬ホールディングス 窪田 良です。

東京、霞が関にある当社のオフィスの周りは、美しい桜とともに、正に希望を感じずにはいられない春の光景に包まれて新年度を迎えることになりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

4月8日(月)には日経CNBC『朝エクスプレス トップに聞く』出演の機会を頂きました。先日の記者会見でもお伝えしました、NASAとの共同開発に関して着目していただくことから始まり、私たち窪田製薬ホールディングス株式会社が現在どのような研究開発をもってみなさまに貢献をしていきたいか、またその方向性をお話しさせていただくことができました。

edited_pic.jpg

NASAとの共同開発はとてもエキサイティングなことではありますが、これを達成するための、私たちの日々の研究は非常に地道で、忍耐を必要としたものでございます。

また、宇宙空間に耐えられるもの、宇宙飛行士という特別な環境で健康にインパクトを受けている人たちに提供するというのは、非日常的で地球上での私たちの実生活にどのように直結するかと思われるかもしれません。

しかし、私たちが目指しているのは、すべての眼の健康不安を抱えている方に寄り添える新薬、医療機器の開発です。私たちの挑戦はこの目標達成のためにいつも前向きです。

5000万キロメートル以上離れた遥か彼方の宇宙飛行士の方の眼のトラブルだけでなく、我々の技術は目が不自由なために数百メートル離れた眼科医に診てもらうことも困難な患者さんや、日々治療にストレスを抱えている患者さんにはもちろんのこと、これから向き合うかもしれない病気を早期発見により防いだり、早期治療に導き視力を保てる可能性を見出したりできる支援をお届けできるように、研究開発とその理解を深めていただくためにチームで一丸となり取り組んでおります。

そして、私たちの研究開発でお手伝いをできる患者さんに対してだけでなく、当社にご支援、ご支持いただいているみなさまのご期待にも応えられるよう、その研究開発の質とスピードを保つ開発計画を重々に検討して本年度も進めてまいります。

こちら有料放送で、視聴できる方が限られているとのことですので、今回の出演機会と内容をみなさまにもご報告いたします。(こちらで冒頭部分だけでもご観覧頂けます。

まだまだ気温の変化の大きな季節です。どうぞみなさまご自愛ください。