次なるステージへ

2014年2月13日にアキュセラ・インクは東証マザースに上場した。現在、加齢黄斑変性や糖尿病性網膜症、緑内障などの網膜疾患に対する治療薬開発を主に手がけており、ほぼ100%の投資を日本からいただいてきた。だからこそ、上場する時は日本の市場と決めて目指してはいたが、何度も資金が枯渇しそうになり、正直上場できるとは考えていなかった。この場をお借りして投資家、社員、関係企業の皆様に心から感謝の意を表したい。上場を果たした今、ますます身が引き締まる思いである。