加齢黄斑変性治療薬候補「エミクススタト」の臨床第2b/3相試験におけるトップラインデータについて

加齢黄斑変性治療薬候補「エミクススタト」の臨床第2b/3相試験におけるトップラインデータを発表させていただきました。結果は、残念ながら主要評価項目達成には至りませんでした。この先の数ヶ月で臨床試験データを検証し、加齢黄斑変性に対する開発の方向性を検討してまいります。

当初は6月に発表を予定しておりましたが、昨日明らかになった臨床試験の結果が、望ましくないものであったため、一刻も早く投資家の方々に知らせる必要があると判断し、本日開示いたしました。