Entrepreneur

CEOネットワーキングの重要性

アキュセラCEOとしてのネットワーキングは、業界のCEOの交流に特化したイベントが年に数回はあります。

7月にウェストコーストのバイオテック企業のCEOの集まりがありました。少人数かつ参加者ほぼ全員がバイオテックのCEOだというのは初めてでした。「Biotech CEO Summit」というイベントで、今回が第一回目の開催でした。今年の様子を写真で見ることができるので、ぜひ、こちらからご覧になってください。

視覚とウェアラブルデバイス

9月と10月のPRESIDENT Online《開眼!「朝令暮改」仕事術》では、同じく目の世界で挑戦するジェイアイエヌの田中社長に対談の時間をいただいた。

東京のオフィスに伺ったのは8月だから、「JINS MEME」を発表されてから数ヶ月後のこと。ウェアラブルデバイスの試作品に興味があったので、お言葉に甘えて「JINS MEME」をかけさせてもらった。これはスマホと連動したセンサー付きのメガネで、眼の動きの変化により、自覚が難しい肉体と精神の疲労度を割り出すことができるそうだ。

『開眼!「朝令暮改」仕事術』のこぼれ話

『開眼!「朝令暮改」仕事術』のこぼれ話

5月からPRESIDENT Onlineで『開眼!「朝令暮改」仕事術』というタイトルの連載をさせていただいている。つい最近、テラモーターズの徳重さんとの対談が前編中編後編と全て公開になったところだ。

徳重さんとはこの連載で初めてお目にかかった。これまでいろんな方から「窪田さん、テラモーターズの徳重さんに会われたことありますか?」と聞かれることが多かったので、連載の第一回目の対談にお声がけをさせていただいた。その度に徳重さんについて人物像をうかがってきたので、間接的には存じあげていた。そして今回の対談では起業時のことやチームのことなどいろんな話を伺った。

GLOBISプロフェッショナルセミナーと東京大学にて

GLOBISプロフェッショナルセミナーと東京大学にて

6月はGLOBISと東京大学にて講義にお招きいただいた。MBAを学ぶ社会人のみなさんも、高校を卒業して間もない大学生も、興味をもって聞いてくださってありがたかった。

GLOBIS経営大学院のProfessional Seminarでは、Management of Innovation: Capturing, Developing and Achieving, from a Seed というテーマで、いかにしてイノベーションの種をつかみ、育て、実らせていくかについて話をさせていただいた。

東京工業大学のホームカミングディ2014にて

東京工業大学のホームカミングディ2014にて

5月25日に開催された東工大のホームカミングディ2014にお招きいただき、大岡山キャンパスで講演をさせていただいた。講演では、アキュセラの事業内容と歴史、創薬ビジネスの実態についての話をした。

その中で、 あえて一般論としてJoe Robinsonの「起業家としての7つの条件」を紹介した。10年ごとにキャリアを変えてきた話をする時に、やりたいことを見つけることの大切さ、思い切って一歩を踏み出してみると意外に前に進めることに気がつくものだといった話をするのだが、資質として鍛えておくべきことがある。いろいろと起業家はこうあるべきだといったものは世の中に溢れているが、この7つの条件は私にとって一番しっくりくるものなので、引用をさせていただいた。

シアトルの若手起業家へのメンタリング

最近よく地元のシアトルで、若手起業家から相談をうける。中には私より年上の新米起業家もいる。バイオ業界の起業の平均年齢はITに比べて高い。厳しく法律で規制されている業界なので、規制の枠組みを十分理解していることが重要だからだ。 私のことを誰かに聞いたり、地元のネットワークイベントで知り合ったり、中にはLinkedinでコンタクトをしてくる人がいたりなど、きっかけはさまざまだ。