プロフィール

 

窪田良 (M.D.、Ph.D.)

慶應義塾大学医学部客員教授
窪田製薬ホールディングス株式会社 代表執行役会長、社長兼最高経営責任者(CEO)
アキュセラ・インク 会長、社長兼最高経営責任者 (CEO)

 

慶應義塾大学医学部卒。医学博士 。研究過程で緑内障原因遺伝子であるミオシリンを発見、「須田賞」を受賞。眼科臨床医として、網膜疾患、緑内障や白内障などの執刀経験を持つ。2000年に渡米し、ワシントン大学で助教授として勤務。2001年に独自の細胞培養技術を発見する。2002年4月にシアトルの自宅地下室でアキュセラ(Acucela Inc.)を設立した。世界から失明を撲滅することを目指し、様々な眼疾患に対する治療薬・医療技術を開発している。

全米アジア研究所 (The National Bureau of Asian Research) 理事。
ワシントン州日米協会理事。
G1 ベンチャーのアドバイザリーボード・メンバー。
シアトル・シンフォニー理事。
著書に『極めるひとほどあきっぽい』(日経BP社)、『「なりたい人」になるための41のやり方』(サンマーク出版)がある。

2013年にはウォールストリートジャーナルが「世界を変える日本人」と紹介。ソーシャルミッションは "Improving the World, One Eyesight at a Time"。「一人ひとりの視界を開いていくことで、世界をよりよいものにしていく」という意味を込めている。

 

略歴

1991年 慶應義塾大学医学部卒業、医師免許取得
1996年 日本眼科学会専門医認定を取得、虎の門病院勤務     
1997年 緑内障原因遺伝子「ミオシリン」の論文発表(発見は1995年冬)、「須田賞」を受賞 
1998年 慶應義塾大学医学部「三四会奨励賞」受賞
1999年 慶應義塾大学医学部大学院修了、博士号取得 
2000年 ワシントン大学医学部構造生物学教室シニアフェロー 就任 
2001年 ワシントン大学医学部眼科学教室助教授 就任 
2002年 アキュセラ設立、社長兼CEO 就任 
2008年 ワシントン州日米協会理事 就任  
2012年 ケース・ウェスタン・リザーブ大学
    フォーサイト・アドバイザリーグループメンバー 就任
2014年 G1ベンチャー アドバイザリー・ボード 就任
    全米アジア研究所 (NBR) 理事 就任
    慶應義塾大学医学部客員教授 就任
2015年 医学系大学産学連携ネットワーク協議会(medU-net)相談役 就任

 

ウェブサイト

窪田製薬ホールディングス株式会社 - http://kubotaholdings.co.jp